営業時間
10:00~20:30
飲食店営業時間
7:30~22:00

店舗により異なります。

イベントニュース

応募方法

店頭、又は応募箱備付の応募用紙に必要事項を記入の上、期間中のユニモールでの1,000円以上のお買上げレシート、又はクレジット伝票を貼付し、センタープラザ、又はウエストプラザの応募箱に投函してください。
※レシート、伝票は複数枚合算可

 

当選発表

厳正なる抽選の上、賞品の発送をもって発表に代えさせて頂きます。

「あおくんときいろちゃん」

作/レオ・レオーニ
訳/藤田圭雄
出版社/至光社
青や黄色のまるが生き生きと動きまわり、
絵本ならではの夢と感動をもたらしてくれる。
作者が孫のために作ったという人間愛あふれる絵本。 


「いまいちばん美しい日本の絶景」

編/MdN編集部

出版社/MdNコーポレーション
大自然が作り上げた雄大な景色や、光り輝く大都会ならではの夜景など、日本の美しさを改めて知る事ができる全国の絶景写真を、
30名以上のカメラマン達による珠玉の作品で楽しめます!


「こねこ」

著/岩合光昭

出版社/クレヴィス
岩合さんがライフワークとして撮影を続ける最も身近な野生動物“ネコ”。本書「こねこ」では、岩合さんがこれまでに出会った世界各地域の“こねこ”たちに焦点を当て、約120点の作品で紹介します。愛くるしく元気いっぱいに暮らす“こねこ”。その日々の冒険をぜひお楽しみください。


「ハグタイム」

作/パトリック・マクドネル
訳/覚和歌子
出版社/あすなろ書房
こねこのジュールは思いました。世界をまるごと抱きしめたい!
だれかをハグしそこねないように「ハグめいぼ」を2回チェックして、いざハグの旅に出発!
大事なひとに贈りたい絵本です。


「手ぶくろを買いに」

作/新美南吉
絵/黒井健

出版社/偕成社
冷たい雪で牡丹色になった子狐の手を見て、母狐は手ぶくろを買ってやろうと思います。黒井 健の情感豊かな絵で表現された南吉の世界。


「水の生きもの」

著/ランバロス・ジャー

訳/市川恵里

出版社/河出書房新社
美術品のような珠玉の絵本、待望の日本語版。インド新進気鋭の芸術家による繊細で美しい絵が、熟練の職人の手により手漉き紙にシルクスクリーンで一枚ずつ刷られ、手製本で一冊ずつ丁寧に仕上げられました。すべてシリアルナンバー入りの、特別な一冊です。


「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」

著/TABIPPO

出版社/ライツ社
このホンのコンセプトは「旅の大事典」。世界でできる2000のことが、この一冊に詰まっています。絶景、秘境、グルメ、非日常体験・・・。ページをめくると世界の遊び方がズラリと並んでいて、ワクワクが止まらない!


「サンタクロースのおてつだい」

文/ロリ・エベルト
写真/ペール・ブライハーゲン 
訳/なかがわちひろ
出版社/ポプラ社
サンタクロースに会いに行こうと旅に出る、小さな女の子オンヤ。
美しい写真でつづる、クリスマスの素敵な出来事を描いた1冊です。


「サンタクロースのはるやすみ」

文/ロジャー・デュボアザン
訳/小宮由
出版社/大日本図書
サンタクロースは正体をかくして、春の町にでかけました。すっかり楽しくなって散歩をしていましたが、子どもたちから「このおじさん、サンタさんから、おひげと赤い鼻もとっちゃった!」とうたがわれて、さあ大変!?


「世界で一番の贈り物」

作/マイケル・モーパーゴ
絵/マイケル・フォアマン
訳/佐藤見香夢

出版社/評論社
秘密のひきだしで見つけた一通の手紙。最前線で戦う兵士が妻にあてたその手紙には・・・。1941年クリスマス、凍てつく西部戦線。一人の兵士が叫んだ。「敵の塹壕に白旗が!」・・・。戦場の最前線で起きた奇跡。この物語は、第一次戦中の1914年のクリスマスの前線各地で起こった実話に基づいている。  


「目でみることば」

文/おかべたかし
写真/山出高士
出版社/東京書籍
「高飛車」「おしどり夫婦」「分水嶺」から「くわばらくわばら」「図星」まで、40の言葉と由来を本当に撮ってみた、撮りに行った。
言葉と歴史の雑学満載の、ばかばかしくも壮大な写真集。


「和菓子の絵本」

作/平野恵理子

出版社/あすなろ書房
四季折々の季節感を取り入れて作り出されてきた和菓子。
おまんじゅう、おだんご、おせんべい、あんこ菓子など、
77種の和菓子を紹介。
材料や道具、作り方、歴史なども分かる楽しい知識えほんです。

▲ ページトップに戻る